校長の道徳授業

君に贈る応援歌シリーズ3 「心の旅に出よう『未来』」

2011.06.15

前回心の旅は、君の心の中に残っている過去の思い出への旅でした。あの後、現在の生活に戻ってきた君は、ずいぶん変わりましたね。まず、ずっと自分の部屋に引きこもっていて家から外出しようとすると、急におなかが痛くなっていたのに、うそのように治ってどこにでも外出できるようになったそうですね。そして学校のネット授業も自分から積極的に受けてくれるようになったと、お母さんがとても喜んでいらっしゃったよ。いじめにあっていた頃のいやな思い出がトラウマになっていて、外出できなくなっていたんだね。そのいやな思い出を過去に置いてきたことで、その束縛から解放された途端に、そんなものが吹っ飛んじゃったって訳だ。

それと君の応援団長である私にとってもっとうれしかったのは、あんなにお母さんのことを説教ばかりするから大嫌いだと言っていたのが、あれ以来お母さん大好きになってくれたことです。そしてお母さんのことをいつも心配するやさしい心を持つようになって、ずいぶん精神的に成長したのでびっくりしました。小学校の頃の優しいお母さんの思い出がよみがえって、君を愛してくださっているからこその説教だったとわかったのですね。すると、こんなにも積極的で明るい性格に変わるのですね。良かった、良かった。

今月は君の未来への心の旅の予定となっています。ただしその前に君に確認しておくことがあります。それは君の未来は、君が今思っていること、考えていること、感じていることがそのまま現れる世界ですから、君の心次第でどんどん変わるのです。ですから君を連れて行くことができる君の未来は、君の現在の心が反映した世界だけに限られます。それ以外の未来は、今後の君の心が創造するのですから、どういう世界になるのか決まっていません。ですから行くことはできないというわけです。つまり未来への旅というのは、君の今現在の心の中への旅なのです。それでも良いですか?

では出発です。行き先は君の今の心の中、乗り物は「勇志号」、出発進行!

ワー、すごいですね。これほんとに君の今の心の中ですか。君の未来が実にリアルに見えていますよ。心がすべてを創るといいますが、心で思ったことはすでに心の中に実現しているのですね。それが現実の世界に映画のように映し出されてくるだけなんだ。

明るい幸せそうな君の未来の姿が映っていますが、まだ何か闇の部分が見えますね。この闇は必ず君の将来の人生に大きな影を落とすことになりますから、もう一度過去に行ってその原因を探しましょう。早いほうが良いと思いますよ。

OK、では「勇志号」の行き先を君の過去にセッティングします。出発進行!

止まりました。ここはどこでしょう。どうやら病院のようですね。若い男の人が病院の廊下を行ったりきたりしながら時々上を見ては手を合わせて祈っていますね。誰か手術でも受けているのでしょうか。アッ!看護婦さんが出てきました。男の人にニコニコ顔で何か報告していますね。男の人が思わず万歳して看護婦さんに何度も何度もお辞儀をして御礼を言っています。うれしそうですね。何があったのでしょう。

お医者さんと看護婦さんに付き添われてベッドが出てきました。アッ!出産だったのですね。お母さんの胸に生まれたばかりの赤ちゃんが抱かれていますね。かわいいなあ。  アッ! 君のお母さんだよ! ということはあの赤ちゃんは君なんだ。男の人は君のお父さんだったんだね。お父さんがお母さんに近寄ってポロポロ涙を流して喜んでいます。お母さんも本当に幸せそうですね。君が生まれたときのシーンだったんだね。ご両親がこんなに君が生まれたことを喜んでいらっしゃったんだよ。私もついうちの子供たちが生まれたときのことを思い出してもらい泣きしてしまいましたよ。子供が生まれた時というのは世の中すべてが輝いて見えるほどうれしいものなんですよ。

どうしたの。急に泣き出して。何?僕が生まれたことをお父さんがこんなに喜んでくれていたことは知らなかった? そうか、君はずっとお父さんのことをお母さんと自分を捨てたんだと憎んでいたからな。だから君のことをお父さんは嫌っているんだと思ってたの?ご両親が離婚されたのは君がいくつのときだい?小学校4年生のときか。

「それ以来お母さんからもお父さんは自分たちを捨てて出て行ったとか悪口ばかり聞かされ続けてきたし…」

しかし良かったね。お父さんが君の事を本当は愛してくださっていたことがわかったから…。今日は誰に遠慮も要らないから気が済むまで泣きなさい。

もういいかい。晴れ晴れとしてしっかり落ち着いた実にいい顔になってきましたよ。君の心の中の大きな闇の部分はこれだったんだなあ。その影が跡形もなく消えてしまったよ。

さあ、今の気持ちを持って現実に帰ろうよ。そして今からは、その晴れ晴れとした気持ちを大事にしていこうね。そしたら君の人生はその気持ちの投影だから、楽しく生きがいに満ちた幸せいっぱいの未来が待っているのです。

では「現実の世界」に向けて、出発進行!


関連記事

カテゴリー

アーカイブ

勇志国際高等学校への
お問い合わせはこちら CONTACT

お電話でのお問い合わせ 0120-5931-35

イメージ