ご挨拶


ご挨拶

写真
理事長熊本 叡径

勇志国際高校は、道徳と日本の歴史を正しく学ぶことを柱として創立された学校です。
私は若い頃、アメリカに住んでいました。その時最も意識していたのは「自分が日本人である」ということです。何故なら、もし私が悪いことをしたら「私個人が悪い」とは言われないのです。「日本人が悪いことをした」ということになるのです。これが外国で生活をするという現実です。また、外国において自国の歴史を知らないということは不思議なことと思われるのです。ましてや自国の悪口を言う人などは、尊敬される存在にはなりえません。それほど、世界の常識として自国の歴史を正しく学ぶというのは当然のことなのです。
皆さんにとって「道徳」というと、堅苦しいものに感じるかもしれません。 道徳とは一言でいうと「品性」のことです。日本人の品性を端的に表したのが、東日本大震災における被災者の方々の姿でした。多くの犠牲者が出て、御自身が一番辛く苦しい時に「私たちは大丈夫です。心配しないでください。皆さんは大丈夫ですか。」とインタビューに応えられるその姿こそが品性、つまり道徳の高さを物語っているのです。
皆さんが勇志国際高校で人生を開花させるための基本を学び、立派な姿で卒業するその日を楽しみにしております。

写真
学校長桜井 剛

長所を認め、長所を伸ばす。
人は誰でも長所や短所があります。勇志国際高等学校は、生徒の長所を伸ばす教育に徹しています。短所を指摘して矯正する方法はとりません。なぜなら、長所を伸ばせば短所は消えるからです。
我々が一人ひとりの長所を見つけます。そして、一人ひとりを認めます。勇志は皆さんの「心の居場所」になります。勇志という心の居場所で自分らしく、生き生きと自分だけの能力を発揮する。そんな高校生活を送りませんか。
自分自身を認め、他人を認め、自分に自信を持ち、なりたい自分を実現する。教職員全員で、心を一つにして皆さんの「なりたい自分」を応援します。


勇志国際高等学校への
お問い合わせはこちら CONTACT

お電話でのお問い合わせ 0120-5931-35

イメージ