お知らせ

受験シーズン真っ只中

2012.01.20
お知らせ

通信制高校 千葉 福岡 熊本

受験シーズン真っ只中、今月は進学、就職の試験の際に必ずおこなわれる面接試験についての対策を一緒に勉強しましょう。基本はスクーリングの「礼儀・マナー講座」で学んだことです!それを思い出し、家族や友人を相手に事前に練習を重ねてから受験にのぞみましょう!!常に笑顔も忘れずにね!!試験会場に向かうまで

  1. 『起床・朝食』  朝はいつもよりやや早めに起きると良いでしょう。心にも余裕が生まれます。早く起きたら朝食は必ず摂ること。朝食を摂るか摂らないかで脳の動きも変わります。受験の1ヶ月前から「早寝早起き」と「必ず朝食を摂る」という習慣をつけておきましょう。
  2. 『服装・身なり』  第一印象はとても大事です。派手な服装は避け、好感の持てる清潔な服装(制服、スーツ等)にしましょう。爪、眉、唇など化粧は禁物です。シャツやネクタイなどにもアイロンを!
  3. 『持ち物』  受験票、筆記用具などの持ち物は前日にチェックを。マークシート式テストがある場合は鉛筆(HBが最適)を3本以上用意しよう。
  4. 『移動』  事前に移動方法や移動距離を調べておこう。下見はできる限りやっておくといいでしょう。当日は時間に余裕を持って家を出ましょう。試験開始の30分前には確実に到着しておこう。
  • 会場に着いてから

    1. 『確認・挨拶』  着いたら会場のすべての係の人に挨拶をしましょう。会場のすべての人が試験官です!トイレ、控え室の場所を試験開始前に確認しましょう。場所などを聞くときはもちろん敬語で。
  • 試験中

    1. 『筆記試験』  受験番号、氏名は必ず最初に書くこと。その後は解ける問題からドンドン解こう。分からない問題は後回しにして、残った時間で考えよう。時間に余裕があったら、残った時間の分だけ見直しをしよう。誤字脱字、ケアレスミスを繰り返しチェックして!
    2. 『小論文・作文』  まずは構成と時間配分を考えよう。書く内容を決めたら、時間内にひたすら文章を書いていこう。推敲もしっかりおこない、繰り返し誤字・脱字がないかチェックしよう。
    3. 『面接試験』  ノックした後、声が返ってきたら「失礼します」と元気良く言って入室しよう。椅子の左側に立ち「どうぞ」と言われてから座ろう。勝手に座ってはいけません。声は大きく、ゆっくり話すことを心がけよう。本当に分からない質問には正直に「わかりません」と答えてよいが、自分なりに考えて答えるように。面接は普段の生活の一部分を見られます。日常生活の心がけがそのまま反映します。
  • 試験会場から帰宅まで

    1. 『正門を出るまで』  試験会場から退室、敷地内から正門を出るまでは決して気を抜かないこと。敷地から出るまでは常に「試験官に見られている」という意識をもつことが大切です。 

通信制高校 福山先生 進路.jpg

みなさん。この試験対策は最低限のマナーです。この他にもそれぞれの学校、会社によって詳細が異なる場合があります。事前に必ず受験形態、内容などを調べておこう。また、過去に先輩達は面接でこんなことを聞かれています。

「高校生活で頑張ったこと、打ち込んだことは?」「勇志国際高校の紹介をしてください。」「どうして通信制高校に転入したのですか?」「学校・会社に入ったあとの意気込みは?」など様々なケースの質問に対応できるようにしておきましょう! 


関連記事

カテゴリー

アーカイブ

勇志国際高等学校への
お問い合わせはこちら CONTACT

お電話でのお問い合わせ 0120-5931-35

イメージ