不登校問題電話相談室

SOS不登校問題電話相談室

SOS不登校問題電話相談室

財団法人日本青少年問題研究所の最新の調査で、日本の高校生の65.8%が「自分はダメな人間だ」と思っているという現実が明らかになりました。「ダメな人間だと思うことがある」となると83.7%にも上るというのです。

もちろん、この数値は世界各国と比較しても際立って高い、つまり日本の高校生の特異現象なのです。
そしてこれは高校生対象の調査ですが、高校生だけに限った特異現象ではありませんから、日本の青少年全体の傾向だと思わなければなりません。「自分はダメな人間だ」と思うことほどつらいことはありません。将来への夢も希望も持てず、何をする意欲もわかず、周りの人々とのコミュニケーションも取れず、孤独の闇の中で苦しみもがいているのです。

おとなしい子は不登校になり、元気な子は不良行為に走ることになります。その予備軍が全体の7割8割もいるということを示したのがこの調査結果です。

不登校になったり不良行為に走ったりする子供さんの保護者の方々の悩みは深刻です。そして相談する相手もいません。

通信制の勇志国際高校を開校して平成26年の本年は10年目になりますが、この間多くの不登校やいわゆるヤンチャ系の生徒たちを立派に立ち直らせてまいりました。その経験から指導の仕方次第でこのような課題は必ず解決するという確信を得ました。

開校10年の記念事業の一環として、この度、「SOS・不登校問題電話相談室」を開設して、お悩みの保護者の皆様方のご相談相手になって適切なアドバイスをすることといたしました。

それは、生徒数114名からスタートした当校が今や1千名をはるかに超える大規模校に育てていただいたご恩返しをさせていただきたいという思いからでございます。

アドバイザーは開校以来の当校の校長であります「野田将晴」が直接担当いたします。 どうぞお気軽にお電話下さい。

アドバイザーのプロフィール

野田 将晴
氏名 野田 将晴(のだまさはる)
生年月日 昭和20年7月29日
住所 熊本県天草市御所浦町牧島1065-3
職業 学校法人青叡舎学院 常務理事
学校法人青叡舎学院
勇志国際高等学校校長
著書 著書
ご相談はこちら

※ただしアドバイザーの都合で電話に出られない時がありますので、その際は必ず後程折り返しお電話をいたします。

ご相談

ご相談は無料です。

ご相談の結果、何か見返りを求めるようなことも一切ございませんのでご安心してご相談ください。

CONTACT
勇志国際高等学校への
お問い合わせはこちら
0120-5931-35
資料請求・お問い合わせ
イメージ