中学生コース

勇志国際高等学校中等部

不登校は大人の問題

NHKの調査によると全国の中学生のうち「不登校」、あるいは「不登校傾向」にある子供たちの数が、
推計でおよそ44万人〜85万人に上るとするデータが明らかになりました。
「8人に1人」あるいは「4人に1人」という衝撃の数字でした。
「学校に行きたくない」と言う自分の意思の場合もあれば、「学校に行きたくても行けない」と言う場合もありました。
外的要因(いじめや家庭の事情など)の「不登校」、「引きこもり」には様々な理由があります。
子供が学校に行けない理由を子供にだけ求めるではなく、学校や親の「大人の問題」として
捉えていかねばならないと思います。
時代が平成から令和になり益々社会の多様化が進む現在、
子供達が自分らしく学習を通して輝く未来を作るための「教育」を新たな時代に作っていかなくては
いけません。

  • ここにいて
    いいんだ!と思える
    自分の居場所を
    見つけたい!

  • コミュニケーション力、
    表現力
    高めたい!

  • 同じ思いのある
    仲間や友達が
    欲しい!

  • アニメや声優、
    演劇に興味
    がある!

ゼロプロジェクトの6つのメリット

merit01

ここにいていいんだ!
と思える場所を作りましょう!

様々な理由があり学校に行かないという選択をされた生徒の父兄の方から、自宅だけの世界ではなく出かけていく場所が欲しいとお考えになられている方が多くいます。
ゼロプロジェクト では同じ悩みを持つ生徒らと一緒に『自分はここにいていいんだ!』と思える場所作りを行っています。

merit02

コミュニケーション力、
表現力を高めたい!

演劇の稽古などで用いられるアイスブレイキングやインプロを用いて、コミュニケーション力、想像力、自己表現力、問題解決力、感情対応力、対人関係力など様々な個々の長所を伸ばす実践授業を行います。

merit03

計画的に学習できる
IT教材

ITを活用して計画的に、英語、数学、国語、社会、理科の5科目の学習を行います。教材内容は教科書に対応しており、基礎から安心して学習を進めることができます。学習の進捗情報や理解度が中学校の先生も確認できるシステムになっています。分かりにくいところは質問コーナーで解決できます。学習中の疑問点はシステムの中から先生に質問ができます。

merit04

高校との連動で中・高一貫した
長期的な教育を行います!

勇志国際高等学校ではEES(映画・演劇・声優コース)があります。 中学生でゼロプロジェクト に参加された方でご希望があれば、高校のEESクラスに参加出来ます。 また中学生であっても興味がある方は高校生のEESクラスを受講することも出来ます。 さらに幅の広い無学年制で一緒に楽しく実践的なレッスンを行います。

merit05

アニメ・声優、演劇・俳優に
興味がある方へ!

勇志国際高等学校EESコース(映画・演劇・声優コース)は、ゼロプロジェクト同様に表現力やコミニュケーション力を高めたく参加している生徒もいますが、プロの声優や俳優を目指している生徒もいます。 毎週2回のレッスンを担当するのはプロの講師です。
学期の終わりには発表会を実施。年度の終わりにはプロの劇団の公演に参加することができる人もいます。
基礎から徹底的に学び自分の可能性を開花させましょう!

merit04

勇志の校訓『長所を知り、長所を伸ばす教育を!』

自分の良さや弱みを知るだけでなく、他者の良さを認め、社会で協働して積極的に活躍できる大人に育てる教育を目指します。生徒が心の病や障害などの有無に関わらず、みんなが同じ環境で協力しながら生活を送ることを基本としています。
演劇というツールを用い、異年齢で構成されるクラスで性別や才能、年齢を超え子供達一人一人をサポートし、対話、仕事、遊び、を催しリズミカルに織り交ぜます。
自分の考えを提示し、自分自身とコンタクトを取り続ける人間になれるよう学び、人と違うことを認め、自立して行動できるよう学びます。

IT学習教材の特徴

point01
ITを活用して、
計画的に学習を進められます

不登校生にとって、学習進度の遅れは不登校を長期化させる要因となっています。しかし、それを解決するために生徒一人ひとりに対して個別授業を組むことは困難です。スタディアシスト」は、中学1年生から中学3年生までの主要5教科の学習を基礎から身につけることができます。授業はオンデマンドによる録画授業。生徒個人の学習進度、学習定着度に合わせて、科目ごとに授業を設定することができます。

point01
point02
今までの学習の遅れが取り戻せます

中学1年生からの教材をそろえているので復習もバッチリ。さらに小学校時代の算数・漢字の復習教材も完備しています。

point02
point03
授業はネットで、いつでも、どこでも、何度でも学習できる。

24時間、自分のペースにあわせて学習を進めることができます。
パソコン、タブレット、スマートフォンでも視聴可能です。

point03
point04
学習の進み具合、理解度を、いつでも確認

学習進度を中学校の先生に報告することができます。

point04
point05
わかりにくいところは、質問コーナーで

学習中の疑問点は、システム内から担当の先生に質問できます。

point05
point06
確認テストで理解度を確認

授業にあわせた確認テストがあるので学力が定着、高校入試に繋がります。

point06
point07
主要5教科の学習で安心の受講料

主要5教科の学習で、年間の授業料がテキスト代含めて7,000円!

point07

授業サンプル

ゼロプロジェクト カリキュラム

point01

コミュニケーション能力UP

演技とは音楽に例えると楽器も演奏者も自分自身であるようなものです。
感性だけに頼らない確かな技術を学びます。

1. 高感度な身体を手に入れる

感情というのは身体に反応として現れます。自分自身の体のチューニング、自分の声や動きをイメージと一致させるフィジカルトレーニングを通じて、それをテクニカルに理解していきます。
例として自分の声の5大要索、大きさ、高さ、速さ、間、声色を知る。また、人間の動きが全て入っている6つの動き(ワイドブロ ードムーブメント)を実践します。

2. 豊かでカラフルな心理を手に入れる

感情を知る、自分自身の経験値と反作用心理を用い、様々な角度から感情を考えていきます。それを元に想像力を発展させていきます。
例えば草原を描写する絵の上級者は緑でも単色でもなく様々な色を使い、 また赤く描く方もいます。そのように心理 、 感情を捉えるトレーニングです。

3. 身体と精神を意図的にコントロールする

表現と感情(内面)は引っ張り合いです。
表現を変えることにより感情も変化することを感じてもらい、 また逆もあります。
自分自身の可能性を広げます。

point01

基礎と応用の反復&実践

様々な台本を用い演技し、役作りや台本解析を行います。
様々なレッスン・ゲーム・エクササイズを通じで、自分を表現する能力を身につけます。

シアターゲーム

シアターゲームとは俳優が演技に必要なスキルを「遊び感覚」で身につけるために開発されたものです。楽しく遊びながら心と身体をほぐしていきます。

インプロ

インプロヴィゼーション(即興)の略語で、「その瞬間の出来事に即興で対応しながらつくりあげられていくエンターテインメント」と定義しています。音楽、ダンスなどさまざまな芸術分野に取り入れられていますが、欧米では特に演劇の分野が盛んです。近年では社員教育(企業研修)や教育の場でも注目されています。
ワークショップは300を超えるインプロ•ゲームを体験する形で進んでいきます。演劇の分野だけではなく、一般向けのコミュニケーションスキルやビジネスコミュニケーションスキルの向上、教育分野でも取り入れられているものを実践的に学びます。

スキルアップ授業 体験会

熊本学習センター

開催日 時間
お申し込み 09月28日 10:30~12:30
お申し込み 10月19日 14:00~16:00
お申し込み 11月02日 14:00~16:00
お申し込み 12月07日 14:00~16:00
開催日時 09月28日
10:30~12:30
お申し込み
開催日時 10月19日
14:00~16:00
お申し込み
開催日時 11月02日
14:00~16:00
お申し込み
開催日時 12月07日
14:00~16:00
お申し込み

福岡学習センター

開催日 時間
お申し込み 09月28日 14:00~16:00
お申し込み 10月12日 14:00~16:00
お申し込み 11月16日 14:00~16:00
開催日時 09月28日
14:00~16:00
お申し込み
開催日時 10月12日
14:00~16:00
お申し込み
開催日時 11月16日
14:00~16:00
お申し込み

千葉学習センター

開催日 時間
お申し込み 10月05日 13:00~15:00
お申し込み 11月09日 13:00~15:00
お申し込み 12月07日 13:00~15:00
開催日時 10月05日
13:00~15:00
お申し込み
開催日時 11月09日
13:00~15:00
お申し込み
開催日時 12月07日
13:00~15:00
お申し込み

実施校

  • 熊本学習センター
  • 福岡学習センター
  • 千葉学習センター

ゼロプロジェクト 授業時間割

熊本学習センター

毎週水曜日・金曜日

  • 1コマ目 15:30~16:20
  • 2コマ目 16:30~17:40

福岡学習センター

毎週火曜日・木曜日

  • 1コマ目 15:00~16:00

千葉学習センター

毎週木曜日

  • 1コマ目 14:00~14:50
  • 2コマ目 15:00~16:00

生徒インタビュー

写真

voice松村迅人くん

僕は中2の時に、ネットで探していた高校の中で、ネット授業に特化した勇志国際高校に興味を持ち、学校説明会に参加しました。説明会と同時に行われた「EES体験会」にも、入る気も無く”暇つぶし”程度に考え、期待もせずに参加しました。しかし、中学生の頃にあまり人と接する機会がなかった時期があったので、体験会で声を出したり、他の人と交流したりすることが新鮮で楽しくて、中3の春にEESに入りました。実際にコースが始まると「思っていたよりも本気」でした。良い意味で要求が多く、成長を期待して指導していただいているのがわかります。僕は中学生の頃はEESレッスンの前に自主登校で学習をしていましたが、わからないところは先生が丁寧に教えてくれて、先生との距離も近く質問もし易かったです。そんなEESや勇志の雰囲気や指導の良さは凄く感じています。そして僕は今年の春から勇志国際高等学校に入学し、EESコースが楽しくて中三で入ってから一度も休んだことがありません。EESは女子が多いので、ぜひ男子にも入ってきてほしいなと思います。今後も日々のレッスンに集中して、目の前の与えられた役をしっかり演じたいと思います。

保護者の方へ

学習進度の遅れや、コミュニケーションへの苦手意識は不登校を長期化させます。

不登校生にとって、学習進度の遅れは不登校を長期化させる要因となっています。
しかし、それを解決するために生徒一人ひとりに対して個別授業を組むことは困難です。ゼロプロジェクト のIT学習教材は、中学1年生から中学3年生までの主要5教科の学習を基礎から身につけることができます。授業はオンデマンドによる録画授業。
生徒個人の学習進度、学習定着度に合わせて、科目ごとに授業を設定することができます。 また、コミュニケーション能力をスキルアップすることで、自分に自信が持てるようになります。
そして学校が自分がいてもいいんだと思える空間になります。

保護者の方へ

勇志国際高等学校 講師紹介

熊本・福岡主任講師

写真
シマハラヒデキShimahara Hideki

6歳の頃から芸能界に入り、ドラマ・CM・映画・声優・芝居・ダンスと幅広く活動している。玉川大学芸術学部パフォーミングアーツ学科・北区つかこうへい劇団・JAPANACTIONENTERPRISEで修行を重ね、商業の舞台にも多く出演。

倉本聰氏との出会いで、地元から演劇を発信する素晴らしさに気づき、氏の拠点とは対極にある九州を拠点とした団体立ち上げを決意。
全国で研鑽を重ねていた仲間に声をかけ、共に陽を立ち上げる。
陽プロジェクト
https://hizashi001.wixsite.com/info

講師

写真
宮田 悠輝仁Miyata Yukito

2017年、代表シマハラヒデキの要請により地域の力による地方芸能、表現活動推進プロジェクト『陽』の立ち上げに参画。

東京都中野区を拠点とする教育に対する全国巡回公演等、累計ステージ数は500近くに及ぶ。
その多方面の知識、経験により演出、舞台監督を担当。
本プロジェクトのプロデュース、根幹を担う。

千葉講師

写真
神山 一郎Kamiyama Ichiro

演技講師
玉川大学文学部芸術表現コース演劇分野卒業。
ニューヨークにて演技ワークショップに参加後、アクティングコーチを開始。

文化庁や目黒区主催の青少年向け演劇ワークショップや障がい児の母親・ヘルパー対象のリラクゼーション講師、アイドルグループから舞台俳優など、複数の芸能プロダクションでアクティングコーチを務める。
社会福祉士の資格を有し、全国の小、中、高校で演劇を通したコミュニケーション授業を行っている。海外戯曲、古典、現代演劇の演出も数多く手がけている。

演技集団オムニプレゼンス 主宰
NPO法人「アートインライフ」理事。
日本新劇俳優協会会員。
日本こども文化学会会員。
日本工業大学駒場中学校 演劇講師。

写真
和田 慎太郎Shintaro Wada

アメリカ コロラド州生まれ
14歳の時に芸能事務所に所属。
以後、映像・舞台等多数出演。
20年以上の演技経験で感じてきた事を活かし、主に朗読や演技を通じてコミュニケーション授業を行なっている。

主な出演作品
<映画>
2004年『ラストサムライ』
2005年『戦国自衛隊1549』
2005年『ポチの告白』
2006年『俺は、君のために死にに行く』
2016年『シンゴジラ』など
<ドラマ>
『最後の弁護人』NTV
『美少女X』CX
『淀川長治物語−サイナラ』
『天装戦隊ゴセイジャー』
<TV>
『年末特番3時間スペシャル』
『3月世界衝撃ストーリー』
『みんなの家庭の医学』
『超実話ミステリー交通事故鑑定人』など

写真
ナナNana

演技講師
俳優、モデル
慶應義塾大学文学部卒。
声楽を母に、モダンバレエを高山まなみ先生に、演技を神山一郎先生に師事。 公務員として数年勤務後、2017年~2019年5月迄劇団演劇集団LGBTI東京に所属。現在フリー。
ご覧になられた方が、自分がここにいると思えるような表現を志しています。

出演舞台
イマジンミュージカル系列ミュージカルスクエア『ルピカの魔女試験』
演劇集団LGBTI東京『ここにいるよ』
乙戯社リーディングミュージカル『あらしのよるに』ほか。

詳しくはお問い合わせ下さい

  • 熊本学習センター
  • 福岡学習センター
  • 千葉学習センター
CONTACT
勇志国際高等学校への
お問い合わせはこちら
0120-5931-35
資料請求・お問い合わせ
イメージ