ITビジネスコース

表計算ソフトやワープロソフトの
操作能力だけでなく、
情報セキュリティや情報モラルの
基礎知識といったIT活用力を
身につけるためのコースです。

受講料は無料、教材費のみ別途必要

ITビジネスコースとは

イメージ

企業はこれから社会人になる高校生に対して、表計算ソフトやワープロソフトの操作能力だけでなく、情報セキュリティや情報モラルの基礎知識といったIT活用力を求めています。
それは、ITが進んだ現代社会では、どの業種・職種でもITを正しく、かつ安全に活用する必要があるからです。

ITビジネスコースの目標

  • 日本語ワープロ検定
  • 情報処理技能検定
  • P険(ICTプロフィシエンシー検定)
  • MOS検定
イメージ

国家資格「ITパスポート」
資格取得を目指します

ITビジネスコースのメリット

merit01

就職・転職に有利

イメージ

皆さんは、履歴書記入欄に
いくつ資格を記入することができますか?

会社によっては その人が持っているスキルを資格で判断することもあります。また資格の取得を奨励している会社というもたくさんあります。資格は、その分野の見識を深めていくことができ、社会において「あなたは何ができるのか?」というのを示すことになります。そして資格を持っているということは、「何か目標に向かって 自助努力していくことができる」と前向きな評価につながることもあります。

merit02

パソコンの操作能力は必須

イメージ

パソコンのスキルを持ち合わせていなければ、
企業の戦力にはなりえません。

就職・転職活動をする際にパソコンのスキルや知識は持っていて当然となってきました。 「パソコンの操作ができる人」、「Word・Excelを使える人」、「パソコンを使用した事務処理ができる人」などという表現でパソコンスキルが求められています。

merit03

ITに関する知識も必要

イメージ

幅広い知識が求められています。

企業では、社内システムや顧客管理など、すべてIT化が当たり前の時代で、ITの知識を身につけていなければ、システムの仕組みがよく分からず、知らない間に企業機密や個人情報が漏えいしてしまった、ということもありえます。また、現代社会においては、企業コンプライアンスが厳しく求められています。そのため、ITの基礎知識だけでなく、ITを正しく活用するための情報モラルや個人情報保護など、幅広い知識をバランスよく身につけることが重要です。

merit04

入試優遇措置

イメージ

全国多数の大学・短大入試において
優遇措置が取られています。

取得した資格や級によっては、大学や短大の入学試験における、出願条件や点数加点などの優遇措置があります。また、進学を希望する人にとっては、学習を通じて、入学前にITの基礎知識や経営全般に関する基礎知識を習得することができます。

ITビジネスコースの目指すもの

日本語ワープロ検定 1級

パソコン操作の一番の基本となる日本語ワープロ入力を正しく効率的に使って
日本語文書処理を行うための知識・スキルを測定する検定試験です。

情報技術技能検定 1級

オフィスの事務系ワークの求人で現在、最も高い需要があるのは、エクセルの技能です。
情報処理能力を身につけるとともに、情報化社会の中でコンピュータ活用能力の向上を図ることを
目的として実施する検定試験です。

P険(ICTプロフィシエンシー検定) 2級

パソコンによる「ICT(情報通信技術)を活用した問題解決力」を評価・認定する試験で、
これまでの受検者数は約150万人という人気を誇る検定試験です。
425大学・1055学部の入試優遇に指定されているため、多くの学生が受検しています。

マイクロソフト オフィス スペシャリスト

上記、①、②でも十分な資格ですが、さらにソフト利用の応用力を客観的に証明する資格です。
累計380万人以上の人が受検しており、多数の企業で社員教育として導入されています。
この資格を学生のうちから取得しておけば進学・就職時にアピールポイントとして効果的です。

他にもたくさんの資格取得
挑戦していきます!

CONTACT
勇志国際高等学校への
お問い合わせはこちら
0120-5931-35
資料請求・お問い合わせ
イメージ